<< 処暑なのに・・・     満ちていく月 >>